花蘭咲(カランサ)とは

花蘭咲(カランサ)は世界13カ国で特許を取得した実力派の育毛剤。

今や薄毛の悩みは男性だけに止まらず、女性でもかなりの割合で悩まされているようです。
育毛剤にしても、男性用と比較して、女性用となると心もとない状況です。
そんな中で「花蘭咲(カランサ)」は、薄毛に悩む女性の強い味方との期待が寄せられています。

 

「花蘭咲」の主な成分は、エビネ蘭から抽出したエビネエキスです。
エキスに含まれるカラントサイド、グルコインディカンには育毛を促し、トリブタントリンにはフケ・かゆみを抑える働きがあることが明らかになり、育毛への期待もいやが上にも高められます。

 

「花蘭咲」に含まれるエビネエキスは、マウスを使った動物実験でも効果は実証済みで、しかも副作用の心配がなく、育毛成分としては理想的です。
日本を初め、アメリカや中国など13カ国で特許取得済みと、国際的にも評価を受けている程です。


花蘭咲(カランサ)には貴重な成分がたっぷり使われている。

花蘭咲(カランサ)の成分、エビネ蘭は、現在、自生ものはごく僅かで、絶滅危惧種に指定されています。
「花蘭咲」に供されるエビネ蘭は、宮崎県の山間部で育てられ、生育を阻害する西日が当たらない環境、養分が豊富な腐養土と、厳選された原料で、高品質の育毛剤の提供を可能にしています。

 

女性の場合、髪が薄くなると、髪が細くなり、地肌が透けて見えるようになるのが一般的です。
その第一段階として、フケやかゆみが多くなることが挙げられます。
エビネエキスは、フケ菌の繁殖を抑え、髪や頭皮を健やかにし、ひいては育毛へ結実するのです。

 

「花蘭咲」には、エビネエキスに加え、エイジツ、ローズマリーなど、9種もの植物エキスが配合されています。
化学物質によるアレルギーの心配もなく、誰にでも男性でも使える育毛剤として、口コミでリピーターは増殖中です。